• たわら庵
  • たわら庵
  • たわら庵

たわら庵 西館

(たわらあん にしかん)
内裏(禁裏)であった「京都御所」の入り口まで徒歩10分。地元人の憩いの場「鴨川」まで徒歩10分。京都の繁華街である河原町界隈まで徒歩10分。夏の風物詩として有名な川床がある「先斗町」まで徒歩15分。

調理可

ご予約/空室検索

市中の山居を思わせる
美しい坪庭が映える宿「たわら庵 西館」。

平安京の中心地として栄えた「御所南」エリア。北側には「京都御所」を有する京都御苑が広がり、東側には地元人の憩いの場である「鴨川」が流れます。商業施設が集まる四条烏丸や四条河原町も徒歩圏内であることから、京都随一の住宅地としても人気です。
そんな御所南エリアの一角、富小路通に「西館と東館」からなる「たわら庵」はあります。かつては、職住一体の町家長屋で、そのどっしりとした佇まいは在りし日の栄華を彷彿とさせます。勝海舟の巻物も収蔵されていました。
門を入り、くぐり戸を抜け奥へ。通り庭を進んだ先にある「東館」は、明治30年の建物です。まず飛び込んでくるのは、開放的な吹き抜けの間。奥には、庭師の遊び心が垣間見える広々とした坪庭が見えます。坪庭に面した高級木風呂の「高野槙風呂」も魅力的です。広間の小上がりの先には、床の間を残す和室とシモンズのベッドを配した寝室の2室。2階は、昔ながらの建具や襖、京間の畳が印象的な和室が1室あり、渡り廊下からは吹き抜けの間と坪庭を眺められます。細部にまで宿る町家の趣とモダンなインテリアが融合し、非日常の世界へと誘ってくれるハイグレードな宿です。

  • gal2_img01
  • gal2_img02
  • gal2_img03
  • gal2_img04
  • gal2_img05
  • gal2_img06
  • gal2_img07
  • gal2_img08

京都の山木を設えた坪庭

たわら庵 西館-室内町家の顔の一つである坪庭。西館の坪庭は、街中にあるとは思えないほど、広く見応えがあります。いろは紅葉、藪椿、あせび、しゃしゃんぽ、そよご。実際に京都の山に生えている木があしらわれていて、四季折々の表情を見せてくれます。また、改装前の町家で使われていた葛石や瓦を再利用し、石積みで比叡山や愛宕山などの京都の山々が表現されています。部屋の中からぼんやり眺めるもよし、庭にでてほっこり佇むもよし。プライベート空間で楽しめる贅沢な坪庭です。

職住一体の面影が残る吹き抜けの間

職住一体の面影が残る吹き抜けの間奥の広間は、もともと職人の工房だった場所。町家の中でも珍しい約7mの天井高が特徴で、瓦の間に付けられた天窓からは空を眺められます。開放的ですが、床暖房なので、冬でも快適にお過ごしいただけます。大きな窓からは広々とした坪庭を眺めることもでき、吹き抜けの空間とのコントラストも見事。2階の渡り廊下から階下や天井を眺めてみるのもおすすめ。現在の熟練大工たちも唸るほどの、当時の建築の技が随所に散りばめられています。

高級木風呂「高野槙風呂」でほっこり

高野槙風呂でほっこり坪庭を眺められる贅沢なプライベート風呂には、木風呂の最高級品と言われる高野槙風呂をセレクトしました。高野槙はとても香り高いので、浴室に入った瞬間から、ほっとリラックスさせてくれるような木の香りに包まれます。木目は、きめ細かな黄白色で、檜よりも美しい光沢が特徴です。また、洗面ボールには、信楽焼を使うなど、細部にまでこだわりの空間を作り上げました。

お部屋詳細 ご予約/空室検索

たわら庵 西館 施設概要

名称
たわら庵 西館(たわらあん にしかん)
所在地
京都市中京区富小路二条下ル俵屋町190番地
電話番号
050-2018-1700 / 075-468-1560
定員
2名様から9名様
アクセス
京都市営地下鉄・烏丸線「烏丸御池駅」より徒歩約8分
アメニティ
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディーソープ
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 歯みがきセット
  • ゆかた
  • 日本茶(緑茶、ほうじ茶、玄米茶)
  • コーヒー
  • 紅茶
室内設備
  • Wi-Fi
  • IHコンロ
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 電気ケトル
  • 調理器具
    (両手鍋、フライパンなど)
  • 食器類
  • ドライヤー
  • ベッド2台
  • お布団
  • テレビ
  • 冷暖房
  • ウォシュレットトイレ

※調味料類はお客様の好みやアレルギーの問題などありますのでご用意しておりません。 皆様でのご準備をお願いしております。

ご予約/空室検索